INTERVIEW

TOKYO MYACHI NORIYOSHI SHACHU SHIBUYA 東京“トレンドは、ストリートで生まれている”そう語るのは、SHACHU代表のみやちのりよし。街の中で、いい意味で浮いているもの。大勢の中でなぜか気になる人。そういうものに“今”を感じるという。変わりゆく渋谷という街で、彼もまた進化し続けている一人だ。インスピレーションの種は、SNSで発信される誰かのスタイルを見るより本屋に足を運び自分の思う“かわいい”や“かっこいい”を集めること。自分と違う年代の人と多く触れること。常に自分自身の幅を広げながら、あえてのズレを自由に楽しむスタイルで美容の一線を走り続けている。みやち のりよし ヘアサロン「SHACHU」代表。2014年4月渋谷にてオープンし、2015年には店舗を拡大移転。グラデーションやハイライトなど、独自の“外国人風”デザインカラーで圧倒的な支持を集める。
New York City IKEDA HITOMI ELIZABETH ARDEN RED DOOR SPA ニューヨーク “デザインカラーへ。 一歩踏み出す提案力を”NYを舞台に活躍するカラーリスト、池田瞳。「フォイルヤージュ」の生みの親としても知られる彼女だが、その技の完成はごく自然な流れだったという。フォイルを使う方が出しやすい色、バレイヤージュの方が施術しやすい色があるなら、それぞれのいい面を組み合わせればいい。“どちらかじゃなくちゃいけない”という概念は、彼女の中に存在しなかった。ワンメイクを脱して、デザインカラーをもっと楽しめるように。一歩踏み出す鍵となるのは、お客様が挑戦しやすいところからおすすめする“提案力”だという。池田 瞳 カラーリングのNo.1サロン「Louis Licari」でシニア・カラーリストとしてキャリアを重ね、現在は「Elizabeth Arden Red Door Spa」にて活躍。常に最先端の情報を発信し続け、サロンワークだけでなくメディアでも注目を集める。