FIBREPLEX

枝毛、切れ毛98%削減*。強さ、芯時代。


日本にイノベーションをもたらして2年。ファイバープレックスが更にパワーアップしました。3種のジカルボン酸搭載の次世代型「No.1 ボンド ブースター」。
お客様自身が想像もしていなかった喜びを提供するため、ダメージへの妥協を許さず最高のヘアデザインを追求する美容師へ。

*ドイツ本社研究所にて、ブリーチ剤+ファイバープレックス No.1 ボンド ブースター、No.2 ボンド フィクサーとブリーチ剤で比較した際の研究データ(最大値)

製品特徴

ファイバープレックスとは?

パサつく、ツヤがない、切れる、ごわつく。そんなダメージによる髪の悩みを補修で解決するのではなく、ダメージを受けにくい髪へと導くことでサポートする革新的毛髪強化システムです。

  • ブリーチ後も高レベルのヘアクオリティを保持
  • 状態の悪い髪での色の再現性アップ
  • これまで通りのブリーチ/カラー施術でOK
  • カラーの色ブレ低減
  • 続けるごとに次のカラーへの素地ができる

これらを可能にすることで、これまでダメージを恐れて制約を受けていたデザインの幅を一気に広げます。

テクノロジー

どのように働く?

貴店のサロンメニューに導入頂くことによって

顧客数の増加・生涯顧客化が叶います
・サロン帰りのお客様の髪色や質感のクオリティは、そのままサロンの質を表します。
・ファイバープレックス使用のカラー施術で、明らかに他店やホームカラーと差のつくカラー施術を提供できます。
・ダメージを気にすることなく、デザイン優先の提案が可能になります。

製品情報・使用方法

No 1ボンド ブースター
500mL / 前処理剤
(ヘアトリートメント)

3種のジカルボン酸が毛髪に浸透し、フィブリルにしっかり定着します。酸化のダメージから髪を守ります。

〈使用方法〉

  • 使用するブリーチ剤又はカラー剤の1剤、2剤の総量に対し5%を計量
  • スプレイヤーの容器に入れ、5倍前後に水で希釈
  • 中間から毛先に向け、満遍なくスプレー
  • ハーフドライ〜ウエットのままの状態で、通常通りにブリーチ(カラー)塗布
  • 通常通りの時間で放置

〈使用量目安〉

1剤+2剤 総量(g):ボンド ブースター : 水
80 : 4mL : 16mL
120 : 6mL : 24mL
160 : 8mlL : 32mL
200 : 10mL : 40mL


ダメージによって生成したシステイン酸に着目。ボンディング成分が微細な隙間に入り込み、イオン結合を構築することで毛髪を強化*。

*ファイバープレックスNo.1と併用した場合

〈使用方法〉

  • 通常通りシャンプー
  • いつものトリートメント・コンディショナーの代わりにボンド フィクサーを塗布
  • そのままシャンプー台で3〜5分放置
  • リンスオフ

〈使用量目安〉

ショート: 6〜10g
ミディアム: 10〜15g
ロング: 15〜20g